【 平成24年4月 放射性物質検査報告 
今年4月、国の示したお茶に関する放射性物質の新基準値は、飲料状態で1Kg当たり10ベクレル以下で、昨年と比較し大幅に厳しくなり消費者の皆様にとっては、より安全な値となりました。

当工場も生葉、荒茶 飲料状態の3段階で自主検査を行い、全ての段階で基準値を大幅に下回る結果となりました。
抽出液中のセシウムの検査結果は次の通りです。
( 分析結果の拡大 
TOPページに戻る