特定商取引法に基づく表示
お茶レシピ 緑茶の効能 お茶殻活用法
シフォンケーキ 材料(20cmシフォン型分)
卵黄
砂糖
抹茶
サラダ油

卵白

砂糖
薄力粉 
ベーキングパウダー 
4個
50g
5g
80ml
80ml
5個
少々
70g
120g
少々
作り方
1、抹茶と砂糖を合わせておき、これを卵黄に加え、泡立て器でざれつきがなくなるまで
  混ぜる。

2、サラダ油を少しずつ混ぜ、水を加えて混ぜる。

3、卵白に塩を加えて7分立てにし、砂糖を2・3回に分けて加えながら、角がしっかり立つ
  まで泡立てる。(立て過ぎない)

4、(2)に粉を加え、粉気がなくなるまで混ぜる。
  続いてメレンゲを半量を加え村無く混ぜ残りのメレンゲを加えてそこを返すように
  混ぜる。

5、型に生地を一気に流し込み、160℃のオーブンで約50分焼く、焼いた後
  生地が落ちるのを防ぐため、q型に流した時、自然に平らにな程度の流動性のある
  生地を作り、生地を型に流したらq型を軽く叩いて空気を抜く。
  焼きあがったらすぐ型を10cm〜20cmの高さから台に落とし型を付けたまま逆さに
  してそのまま冷ます。

6、完全に冷めてから型をはずす。
  周囲はパレットナイフなどを1回ごとにさしいれて周し、中心は竹串で1周し型から抜く。
抹茶ケーキ 材料(パウンド型2本分)
サンショート
卵白
砂糖
薄力粉
強力粉
ベーキングパウダー 
抹茶
小倉あん
20g
M6個
180〜200g
180g
40g
4g
5g(大1)
200g
お好みにより
はちみつ20g・エバミルク10gを入れる
とコクと甘さが増します
作り方
1、小倉あんを除くすべての材料をホイッパー(ハンドミキサー)で高速4〜5分攪拌する
  (オールインミックス法)

2、小倉あんを加えて中速30秒攪拌する

3、型に入れ160℃で45分〜50分焼く
抹茶シュークリーム 材料(パウンド型2本分)
●シュー生地
無縁マーガリン
 または無塩バター

薄力粉

卵白

●抹茶クリーム
卵黄
砂糖
薄力粉
牛乳
抹茶
抹茶を溶くための熱湯 
生クリーム


40g
100cc
60g
2ヶ
1ヶ


3ヶ
80g
40g
300ml
大さじ1
大さじ1
80ml
作り方
●シュー生地を作ります

1、マーガリンと水を火にかけて沸騰させ、(白い泡がわっと立ちます)弱火にして、
  ふるった薄力粉を一気に加えいったん火を 止 めます。

2、手早く木べらで混ぜ粉っぽくなくなったら、約2分間煮ます。

3、火からおろして荒熱を取り、溶き卵を少しづつ加えながら良く混ぜ、卵白を加えて
  かたさを調整します。

4、クッキングシートを敷いたオーブン皿にスプーンを使って生地を丸く落とします。
  膨らむので隣同士間隔はあけるようにします。

5、霧吹きで全体に霧を吹きます。

6、200℃にあたためておいたオーブンに入れます。十分に膨らんだら温度を180℃に
  下げます。30分ほど焼いたら火を止め、そのままオーブンに5分ほど置きます。

7、ケーキクーラーなどの網に取り出して冷まします。

●抹茶クリームを作ります

8、卵黄・砂糖・ふるった薄力粉を合わせ、牛乳でときのばし、中火に掛けてクリーム状に
  なるまで煮、火からおろして熱湯で溶い た抹茶を加えて混ぜます。冷まして、
  七分立てにした生クリームと合わせます。

●仕上げます

9、シューに切り込みをいれ、(8)を絞りいれます。

※好みで白玉や小倉あん、果物をいれるのも良いかと思います。
←前のページに戻る ↑ページのTOPへ
成分 主な作用及び予想される効果
カテキン類 抗ガン(ガン予防・老化防止)
抗菌、消臭作用(口臭防止・虫歯予防
血栓形成予防
止血、抗潰瘍(胃潰瘍予防・外傷止血)
下痢止めに効果がある、糖尿病予防
風邪のウイルスを抑える
高血圧予防
抗アレルギー
動脈硬化の予防
カフェイン 睡眠防止
疲労回復
狭心症予防
抗ヒスタミン(喘息・カゼ予防)、
利尿(腎臓結石予防)
脂肪の吸収抑制
ベータカロチン 抗酸化
抗がん
免疫増強{ガン予防・老化予防)
夜盲症防止
ビタミンB類 糖尿病予防
血行促進(肩こり・腰痛)
ビタミンC 抗酸化
抗がん(ガン予防・老化防止)
コレステロール低下(動脈硬化防止)
ビタミンE 抗酸化
抗がん{ガン予防・老化予防・動脈硬化防止)
微量ミネラル 抗う食(虫歯予防)
←前のページに戻る ↑ページのTOPへ
お茶殻ポプリ カテキンが有害物質をとってくれる
現代は有害物質であふれています。
家の中も例外では有りません。部屋を彩る壁紙や家具の接着剤など色々なものから有害物質は出ていて、私たち人に頭痛、吐き気、めまなど様ような症状をもたらすそうです。そんな有害物質をとってくれるのが飲み終えたお茶がらをよく乾燥させたものです。緑茶に含まれるカテキンに有害物質がくっつくのだそうです。
<< 作り方 >>
飲み終えたお茶殻を良〜く乾燥させるだけ。
それを器や箱に入れ部屋においておきましょう。
気に入った袋などがあればその中にに入れてタンスの隅においても良いですよ。
この要領で茶殻入りの枕なども造ってみては、いかがでしょうか。
カテキンには、抗菌・消臭の作用もあります。
靴の脱臭剤 消臭作用で靴の臭いも消す
足の臭いは男女問わず悩みのタネです。
まして外で働く方は、一日中靴を履いていますからどうしても臭いがこもってしまいます。
そこで是非茶殻の脱臭効果を利用して下さい。
<< 作り方 >>
良く乾燥させた茶殻をガーゼやティッシュに包み靴の中に入れておきましょう。
茶殻の消臭効果に加えてお茶の殺菌作用が靴の中の雑菌の増殖を抑えます。
←前のページに戻る ↑ページのTOPへ