ただいま新茶製造中
摘み採ったお茶の葉を蒸して揉んだ後、乾燥させたものを荒茶と呼びます。
摘む
有機肥料・低農薬で栽培し、摘み取る個所にもこだわります。
 機械を使っての茶摘
給葉処理
生葉は自動的に蒸し機に入りますが、
やはり人の目で常に確認をします。
 生葉の蒸し葉
普通の煎茶の2倍から3倍の時間をかけて、厳選された茶葉を蒸します。これがまろやかでコクの有る深むし茶の第一歩です。
※蒸す事によってお茶の発酵酵素を不活性化させます。ウーロン茶や紅茶にはない緑茶独特の工程です。
 蒸し機から出てきた葉
粗揉(そじゅう)
揉みながら熱風で乾燥させ、形を整え
ます。
 粗揉機
揉念(じゅうねん)
茶葉に力を加えて水分を均一にしながら葉を揉みます。
 揉念機
茶葉を回転する胴の中で撹拌(かくはん)、揉圧しながら熱風で乾かします。
 中揉機
精揉(せいじゅう)
茶葉に力と熱を加え、形を整えながら
乾かします。
 精揉機のお茶の揉み具合を見る
 職人
精揉された茶葉は精揉機から乾燥機へ
入ります。
 精揉機からでて乾燥機に入るお
 茶の仕上がり具合を見る職人
乾燥
揉み上げた茶葉を十分乾かして、保存できるようにします。
ここで出来上がった荒茶は直ちに真空包装し、大型冷蔵庫に保管し、必要な分だけ冷蔵庫から出して、二次加工(再製)≪茎茶や粉や大きい葉を選別し、火入れ処理します≫して煎茶となります。
 乾燥され荒茶として出てきた
←前のページに戻る ↑ページのTOPへ